top of page

【6月号】どっぷり農業女子です

はじめまして、こんにちは。食べること大好き!食べている時が一番幸せ(⋈◍>◡<◍)。✧♡新人のカーリーこと杉山です。「ここの農場おもしろそう!」その気持ちだけで長野に来て早3ヶ月。

<私が思っている農業>

自然の恩恵や脅威を肌身で感じ、命をつなぐための"基"を作るお仕事。夏は暑く冬は寒い中での過酷な作業。作業着の洗濯は大変だし、日焼け止めは気安め程度にしかならない(涙)また世間では、農業は3K(汚い・きつい・危険)に加え、臭い、低賃金など散々な言われよう・・・。

でも、、、この業界に携わっていたい。何故だろう・・・!?行き着く答えは意外とシンプル。生物の生きようとする力、子孫を残そうとする力。日々生長していく力強い姿を見ていると、ただただ感動!そして、鮮度ある美味しいお野菜を多くの方に知ってもらい食べてもらいたい。「人を良くする」と書いて『食』と読みますが、食べることと体は本当に密接に関わっていると思います。一方で、ずぼらで面倒くさがり屋な私は、休日くらいはゆっくりしたいと思い、運動する気にはなれません。にもかかわらず食べることが大好き!...これは大変( ;∀;)日々体力勝負の農業は時にきつく感じることもありますが、ジムに通っている代わりと思えば運動にもなり、好きなことができているという面においては幸せ者だと感じています。

5月後半になっても霜注意報が発令される日もあれば、夏日のような日も...。自然と共存する大変さを、体を張って感じつつも、長野の大自然からパワーをもらい日々過ごしています。田んぼに水が入り、田植えの時季を迎えました。(5月下旬のことです)カエルの合唱が心地良く感じる今日この頃です。


カーリー

関連記事

すべて表示

【11月号】足りない9月

2月に超綿密な作戦を立ててシーズンに臨みます。小さな畑セットの個人宅配のお客様の分は、この時期にこういうセットを組むというのを予測して作付け量を決めます。お店などの流通業者さんの分は、年間の出荷可能な作物の予定表をエクセルで組んで担当者さんに送ります。週別での予測数の返信をいただきます。何枚ものエクセルデータが返ってきたら、週別の合計数を計算します。例えば7月10日の週に小松菜が1500束、8月1

コメント


bottom of page