これまでのお知らせ

2020/12/7

2020/11/2 8

DSC_0014 (3).JPG.jpg

2020/7/26

DSC_0162.JPG.jpg

2020/5/6

2020/12/28

2020/11/8

P4290051.JPG.jpg

2020/7/1

2020/5/1

2020/9/30

P4280010.JPG.jpg

2020/6/28

IMG_0529.JPG.jpg

2020/2/24

 

2020/12/28

畑のつぶやきを更新しました。12月号

凍り始めた佐口湖とマッキー君。佐口湖は数十年前はスケートリンクとして使われていたそうです。

播種機を使っての種まきの様子です。細かな設定を冬の間に検討し、現場でさらに微調整し蒔いてきます。マッキー君は集中すると眉間に深いしわがよります。

かわいらしくもたのもしい、雪をかぶったケールと朝焼け

畑のつぶやきを更新しました。

農場の前にある佐口湖はいよいよ本格的に凍りはじめました。真っ白な畑のなか雪をかぶりながらも立っているケール達、きらきらと光る一面結晶に覆われたフロントガラス。とても寒いですが、目を奪われる景色のなか作業をすすめています。

さて、今回のつぶやきは5年目のスタッフマッキー君。

一昨年は若き圃場長として、農場全体を行動で引っ張っていってくれました。その当時新規スタッフだった僕や同期のメンバーはマッキー君とともに寮生活を送っていました。ずっと畑や農場のことを考えている彼の姿が印象に残っています。畑のこと作物のこと、たくさん話してくれました。新規スタッフメンバーのやる気に火をつけてくれました。

そんな彼が満を持して、のらくら農場を退社し独立就農します。

​いつもお世話になっている皆様へ感謝の気持ちを伝えておきたいということで、このタイミングでのつぶやきです。

12月号「本気で対応すれば良い事しか起こらない」

​お時間ある時ご覧ください。

(たくやん)

 

2020/12/7

​年末年始のお休みのお知らせ

nagaimo.JPG.jpg

​長芋収穫作業中。太く長く旨味しくできました。

IMG_20201129_113834.jpg
IMG_20201129_143317.jpg

​長芋のすぐ脇をトラクタにつけた巨大な刃で削っていきます。運転操作、機械操作、掘り手。呼吸を合わせて収穫します。

年末年始のお休みのお知らせです。

 

12月30日~1月5日まで休業させていただきます。

 

年内定期購入の最終出荷は12月28日第4月曜日、

年始は1月7日第1木曜日出荷より開始させていただきます。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

 

夏も終わりに近づいたある日のじゃがいも収穫作業中

PA220815.JPG.jpg

2020/11/28

畑のつぶやきを更新しました。11月号

P9200461.JPG.jpg

土埃りが舞う中、畑の片づけ作業です。大変な作業ですが、笑顔。

寒かったこの日のまかないはたしかチキンストロガノフでした。

DSC_0054.JPG.jpg

ひなさんのつくってくれたある日のまかない。

畑のつぶやきを更新しました。

今日は少しだけ雪が降りました。雨から雪に変わりたての雪ですぐ消えてしまいましたが、浅間山の頂上はうっすら白くなりました。

土がかちこちに凍ってしまう前に、長芋やごぼうを掘りあげ貯蔵していきます。長芋は新しい機械を導入し、初めての掘り取りです。苦戦しながらも、成功。いい感じです。よく育ってくれました。

さて、11月号はひなさんのつぶやきです。

佐久穂町の管理栄養士だったひなさんは、今年の春から東京のレストランに転職予定でしたが、コロナの影響で延期に。レストラン再開までの期間、のらくら農場で働いてくれました。​11月からレストランで働いています。

 

ひなさんのつくる賄いはやっぱりどこかスペシャルでみんな楽しみにしていました。今日もたくさんの人を笑顔にさせる料理をつくっているんだろうなと想像します。

ひなさん農場でのお仕事お疲れさまでした。くれぐれも体に気を付けて。

こちらも野菜づくり頑張ります。

11月号『染まる』

​お時間あるときご覧ください。

 

2020/11/8

畑のつぶやきを更新しました。10月号

PA020660.JPG.jpg

夏も終わりに近づいたある日のじゃがいも収穫作業中

P8250196.JPG.jpg

ケール収穫中のひとこま。ひたむきです。

畑のつぶやきを更新しました。

すっかり冬の佐久穂町です。

霜が降りるようになり、ピーマンやナスなどの果菜類は終わりを迎え、白菜や根菜類の季節となりました。野菜たちは甘みを増し味がのってきています。

今回のつぶやきは2本だてです。

元植木職人のふかしは、草木や花の名前をたくさん知っています。

夏は草刈り隊長として、先陣をきってものすごい面積の草を刈ってくれました。あそこの草からなくちゃ作業が詰まる。。。と思っていると既に刈ってある。そんなことが多々ありました。猛烈な夏を経たふかしのつぶやきは10号 『夏の終わりに想う事』

2本目は、コロナの影響で里帰り中の、駆くんによるつぶやきです。農場で生まれ育った彼ならではな目線のつぶやきは10月号 『いんげん失格』

お時間あるときご覧ください。

 

2020/9/30

畑のつぶやきを更新しました。8月号と9月号

P6240031.JPG.jpg

​大根洗い女子。多い時には50コンテナ洗うこともあります。

畑のつぶやきを更新しました。

変動の激しかった暑くて短い夏がおわり、はやくも冬の気配が感じられるようになりました。

極端な天候の7月と8月でした。長く続いた日照不足と雨。そのあとの猛暑と干ばつ。作物の成長が例年より遅かったり、虫や病気の対策、草との競争、潅水(水やり)の日々。

つぎつぎと湧いてくる難題に四苦八苦しながらも、メンバーで一丸となって、厳しい夏をのりこなすことができたのではないかと思います。

これからの季節もどんなことが起こるかわかりませんが、七転び八起きの気持ちを忘れず、鼻歌歌ってのりこなしていきたいものです。今回は8月と9月のつぶやき同時更新です。

​お時間あるときご覧ください。

8月号 『その後の姿』

9月号 『地図よりも羅針盤をもつ』

 

2020/7/26

畑のつぶやきを更新しました。7月号

DSC_0014 (3).JPG.jpg

畑のつぶやきを更新しました。

中山間地に位置する農場には、傾斜の畑も結構あります。

写真は、斜面をものともせず、ごぼうの種を播種機をつかってまいている、スタッフめいちゃん。

女性陣も大活躍です。

つぶやき 7月号『野菜にたとえて』お時間あるときご覧下さい。

 

2020/7/1

​スープ40個入セット販売のお知らせ

IMG_0277.JPG.jpg

今年のスープも残りの数が少なくなってきました。

ご愛顧下さりありがとうございます。

※かぼちゃスープは完売致しました。ありがとうございます。

 

賞味期限が残り少なくなってきた為、お得な価格設定で新たに40個入りセットの規格を設けました。

賞味期限は下記の通りです。

濃厚じゃがいと玄米のスープ 2020年10月4日

香り豊かなにんじんと玄米のスープ  2020年11月8日

40個入りで9,860円(送料込み、税別)

基本の内容量はじゃがいもスープ×20個、にんじんスープ20個です。​(数量の調整は可能です。【例:じゃがいも×30、にんじん×10】のように変更をご希望の方は、ご注文の際にお知らせ下さい。)

在庫がなくなり次第終了とさせて頂きます。

​この機会にぜひ、ご利用下さい。

よろしくお願い致します。

P4290051.JPG.jpg

お水の代わりにじゃがいもスープを使った。肉団子スープ。アレンジもオススメです!

 

2020/6/28

畑のつぶやきを更新しました。6月号。

P4280010.JPG.jpg

畑のつぶやきを更新しました。

農場の60以上ある畑には、それぞれに国の名前が付けられています。上の写真は、それらをまとめた世界地図を作製している様子です。

 

日が高くなる前にフランスでケールを収穫し、雨が降らない日が続けばキューバのスナップえんどうにかん水する為ポンプをまわし、インドの長芋が草に負けそうだという報告を​聞けば急いで除草にむかう。あ、ギリシャのごぼうの発芽チェックを忘れてはいけない。夕方日がかげるタイミングでロシアの葉物とチェコの大根を二手に分かれて収穫し、イタリアの春菊収穫で合流する。明日の朝は雨が降る前にベルギーでみつばの定植をしよう。

そんな具合で、​おいしい野菜をお届けするべく、今日も各国の畑を飛び回っています。

畑のつぶやき 6月号『世界地図』お時間あるときご覧下さい。

 

2020/5/6

畑のつぶやきを更新しました。5月号。

DSC_0162.JPG.jpg

畑のつぶやきを更新しました。

『今季もどうぞよろしくお願い申し上げます。』

『先が見えたことなんてありゃしない。』

​の2本立てです。

 

​畑のつぶやき 5月号お時間あるときご覧下さい。

写真は長芋のマルチを貼っている様子です。

約1,600メートルを手張りしていきます。

マルチを広げる人、種イモの目印の棒にマルチが刺さるように補助する人、マルチを埋める人、強風対策の重しとなる土をのせる人、次の畝のマルチを埋めるための溝を切る人、たくさんの工程、役割があります。

チームで呼吸を合わせてものすごい速さで貼っていきます。

 

2020/5/10

ウェブサイトをリニューアルいたしました

のらくら農場のウェブサイトをご覧くださりありがとうございます。

より、わかりやすく、伝わりやすくを心掛けサイトをリニューアル致しました。​

のらくら農場の歴史、代表の思い、私たちのつくっているもの。それらを改めて整理してみました。

ちょっとした読み物のページもご用意してみました。

定期購入の方にはおなじみの、農場がはじまってから22年続く通信「畑のつぶやき」ページ。

昨年よりスタートしたお昼ご飯の記録「毎日のまかない」ページでは、「本質をつく、細かいことは気にしない」「朝、晩御飯は手抜きしても一日分の野菜が摂れる」「今の畑を食べる」を合言葉に、まかない料理を写真と小話でご紹介します。

「オンラインストア」につきましては、システム変更の為、見切り発車となり、アナログ感満載の整備中ではありますが、稼働しております。ご利用頂けましたら幸いです。

​あまり飾らずに、農場の日常や雰囲気までも発信できたらいいなと思っています。

​今後ともよろしくお願い致します。

(web担当たくやん)

IMG_0529.JPG.jpg

徳島で行われたオーガニックエコフェスタ2020栄養価コンテストにて、ケール部門最優秀賞を頂くことが出来ました。

​昨年は天候が厳しく、全体的に皆さん苦戦されながらも大健闘されておられました。佐久穂町も台風19号に襲われたので、厳しいものがありましたが、何とか結果を残せました。

 

栄養価コンテストの結果は小松菜がノミネート(決勝進出のような感じ)、グリーンケールが最優秀で二連覇でした。総合グランプリは最終3検体まで残りましたが、素晴らしいほうれん草に惜敗でした。もう少し菌の理解を深めないとなと新たなる課題も見えました。

​こちらが最優秀賞を頂いたケールの栄養価分析結果です。

下記表の、緑の点線が平均値。赤い線がのらくら農場の分析値です。

メディカル青果研究所という機関で分析しています。下記の4項目を診断、ポイント換算し、スコア化したものと、食味評価で表されます。

すべてが当てはまるわけではないのですが、硝酸イオンが高い、つまりえぐ味が強いと、糖度、抗酸化力、ビタミンCが低く、味の評価も低い傾向にあうそうです。

​このグラフでいうと、「右に偏った4角形」が味もよく栄養価の高い傾向にあります。

ケール栄養価コンテスト.png

詳しくはホームページ内「栄養価分析のこと」でも説明しております。ぜひご覧ください。

2020/2/23

オーガニック・エコフェスタ2020-栄養価コンテスト「ケール部門」最優秀賞頂きました!